味はシイタケ、食感マツタケの松きのこを、味もマツタケにする方法!

味はシイタケ、食感マツタケの松きのこを、味もマツタケにする方法!

広島県世羅郡世羅町の「きのこ園」が生産している【松きのこ】が何やら爆発的な人気を得ているとか。松きのことは、しいたけにマツタケの菌を植え付けて栽培されたきのこ。香りはシイタケなんだけど、食べるとマツタケの食感。これがウケて、全国的に松きのこの名前が広く知られるようになったわけですが、更にその人気を後押しする情報が出てきました。

遊び心で生まれた松きのこ

松茸はアカマツの木の下でしか生成されないきのこで、独特の強い香りを持つきのこ界の王様!値段もキング級で、一般家庭ではなかなか食べる機会もないのでは?そんな松茸。年々収穫量が減っていき、松茸の価格は右肩上がり。

そんな中、世羅きのこ園の方が、「どうにか松茸を生産することはできないだろうか?」と、ほんの遊び心で色々と挑戦を繰り返すうちに、偶発的に誕生したのが【見た目はマツタケ、味はシイタケ、でも食感はマツタケ】という松きのこが誕生したんだとか。

実は私、広島県民。世羅の道の駅に寄った時に、松きのこを天麩羅にして試食販売会が行われていました。試食させてもらった時、『きのこってこんなに美味しかったっけ?プリップリで食感抜群で美味しいんですけど!』って松きのこの美味しさにビックリしたことを覚えています。

次に誕生したのが松なめこ

次に、世羅きのこ園さんは、なめこに松茸の菌を植え付けて、今度は「松なめこ」というきのこを作りました。この松なめこ、なめこの20倍もの大きさがあり【見た目はなめこ、でも味はマツタケ】なんです。

見た目は超巨大化した、どこからどうみてもなめこ。見た目は完全なめこなので、でも食べるとマツタケの味がするとなると、脳が混乱を起こしそうです(笑)

松きのこ&松なめこ同時に食べるとマツタケに!

松きのこ、見た目はマツタケでも味はシイタケ。松なめこ、見た目はナメコなのに味はマツタケ。何とも不思議。脳みそ騙されそうな2つのキノコ。松きのこと松なめこを一緒に合わせて食べると、何と何と目をつむれば口の中には松茸が~☆

というように、食感がマツタケの松きのこと、味がマツタケの松なめこを同時に食べると「マツタケ」になるんです!

食通で味にはうるさい寺門ジモンさんも、「合わせて食べるとマツタケだ!」ってうなってました(笑)

まとめ

「きのこが美味しい季節に、年に1度は松茸を楽しみたいよねぇ~」とは思っても、そんな気軽に松茸なんて味わえない!

松きのこは松茸の40分の1の値段で買えるので、松茸が好きな方は、是非一度、松きのこ&松なめこを試してみてはいかがでしょう~。

生活カテゴリの最新記事